指輪はいつ購入するか


指輪テレビドラマや映画ではプロポーズを決めた男性がジュエリーショップに行きその場で指輪を購入して指輪を持ち帰っていますが、必ずしもこのようにスムーズにいくとは限りません。指輪のサイズに在庫がなければ取り寄せることになりますし、指輪の裏に文字を入れる場合には数日間預けることになる場合もあります。そこで、まずは婚約指輪はほしいと思ってすぐに手に入るものではないことを理解しておきましょう。

また、婚約指輪は最近ではプロポーズで渡すことが一般的となっていますが、必ずしもプロポーズで渡すものではありません。結納や親族の顔合わせといったときに婚約のしるしとして男性が女性に贈ることが元々の流れなので結納までに間に合えば問題ないのです。

そこで、プロポーズをするからと言って慌てて指輪を購入して準備する必要はないのです。ここは彼女の気持ちや状況といったものから総合的に判断して購入時期を決めるようにしましょう。ただし、思いついてすぐに購入できるものではないので渡す1か月前には予約をすることが必要です。ジュエリーショップの「ガラ おかちまち」のサイトにも記載されていましたが、リングの完成には1~2ヶ月かかることと、婚約指輪は長く身に着けていることでより幸せになれるそうです。何事も直前にばたばたすることになっては困るので、早めに決めておくと良いでしょう。

職人がひとつのリングを完成させる迄にかかる日数は1~2ヶ月ほどです。
ご両家の顔合わせやご結納、挙式の日にちに合わせて探し始めましょう。

婚約指輪などは 身に着けている時間が長いほど幸せになれるといわれています。
結婚準備で忙しくなる前に(お祝い事は)早めに決めて行くことをおすすめ致します。

また、人気ブランドやセミオーダーとなると3か月以上待つこともあるので希望する指輪によっても購入時期が変わることを頭に入れておきましょう。